看護師・従業員の解雇トラブル、労務問題解決、病院・クリニックの就業規則作成、社会保険労務士紹介

クリニックのための労務サービス

お問い合わせ
WEBからはこちらお問い合わせフォーム
お電話はこちら (03)6808-1441

クリニックを守る就業規則の作成をおすすめします

「遅刻や無断欠勤が多い看護師がいる」「自分から退職すると言ったのに、後になって不当解雇だと金銭を請求された」など、雇用主である院長と看護師や事務職員間のトラブルが急増しています。
雇用主である院長「問題の無いように辞めてもらいたい」と考えていても、看護師や事務職員本人に労働基準監督署に駆込まれてしまうケースも珍しくありません。
クリニックを守るために、就業規則を作成しませんか?

メディカル労務サービスの特徴

  • クリニック専門です ・・・ 貴院に最適な就業規則です
  • 迅速に対応します ・・・ 最短1週間で作成可能です
  • 費用を抑えます ・・・ 50,000円(税別)から作成可能です

社会保険労務士紹介

どんなお悩みでも結構です。まずはお問い合わせください
社会保険労務士紹介

お知らせ

近年、終身雇用・年功序列賃金から能力主義・成果報酬への転換により労働者の職場への帰属意識が薄れてきており、未払い残業・名ばかり管理職・過労による労災申請など労働基準監督署への申告や訴訟が増加傾向にあります。とりわけ、医療機関においては他の産業に比べ、@女性が多い、A有資格者が多い、B離職率が高い、といった特徴的な就業構造になっており、業界特有の労使トラブルが多数発生し、解決機関へと持ち込まれています。

また、インターネットの普及や行政機関による労働相談窓口の増設により、看護師や事務職員は自分の職場が労働基準法や育児介護休業法などの労働関連法規を遵守しているかどうか、いつでも知りえる環境にあります。労働市場においても需給バランスが看護師に有利になっており、転職先が多数あるため、退職にためらいがなく、ちょっとした違反や不満でも院長にぶつけて是正を求めてくることがあります。その時に解決方法を誤れば、問題が長期化し多大なリスクを負うことさえあります。

いったん、労使トラブルが発生すれば解決までに多大な時間と労力を費やすことになり院長にとって本業に専念できないなど経営リスクが高まることは必至です。さらに割増賃金率の引き上げ・仕事と生活の調和など長時間労働の抑制が求められるため、いかに限られた人材と時間の中で労働生産性を高め、収益向上につなげていくかも労務管理のポイントになります。

1つでも心当たりはありませんか?

就業規則の作成は2つのコースからお選びください

Copyright 2012 Medical Hoken Service Co.ltd. All Rights Reserved.